ハウステンボスプール2018の混雑や持ち込み可能は?穴場の場所取り

 

この夏、4大ウォーターパークがオープンしたハウステンボスのプール。

 

日本最大級のいろんな種類のプールが楽しめるということで、オープンから盛り上がっています。

 

これから本格的に夏休みということで、混雑が気になりますよね?

 

それに、実際に行くとなれば浮き輪やビーチボールなど、レジャーシートなど、何を持っていくかも迷うところです。

 

そこで、今回は2018年夏、ハウステンボスプールの混雑や、持ち込みできるかどうか、穴場スポットや時間帯についてご紹介します!

Sponsored Link

ハウステンボスのプール混雑回避のおすすめ時間帯や穴場は?

ハウステンボスは通常、平日はさほど混雑しておらず(というか敷地内が異常に広いので混雑を感じさせない(^^;)のですが、やはり夏休み、しかもプールとなれば土日以外も混雑します。

 

⇒ハウステンボスのプール(4大ウォーターパーク)の詳細はこちら

 

ただ、例年行かれた方の情報を調べていると、開園直後から11時頃までは比較的混雑も少ないようです。

なので、夏休み期間や土日は朝一(できれば開園30分前ぐらい)に行き、チケットブースをすぐに突破して、プールに直行することをオススメします!

(プール期間に限らず、混雑が予想されるアトラクションは朝一がおすすめです)

 

特に、お昼頃からは、一部のプールがイモ洗い状態(笑)になるという報告もありますし、プールの水が汚くなってくるという報告も多数ありますので、衛生面からも午前の方がおすすめです。

 

有料の追加料金を出してもゆったり過ごしたい!という方には

「森のプール」がおすすめ(*‘∀‘)

こちらは室内のリゾートプールになっているので日焼けもしませんし、今年の猛暑の中、一日中外のプールに入り続けるのは限界がありますので、朝はたっぷりきれいな水の状態の「WAIWAIビーチ」や海上ウォーターパーク「海キング」で遊んだ後に、混雑に疲れてきたタイミングで森のプールに避難するのもよいと思います。

 

ハウステンボスのプールは持ち込み可能?

基本的に浮き輪やビーチボールは、WAIWAIビーチの映像からも、多くの人が持ち込んでいますので問題ないです。

公式サイトでも、「ウォーターロングスライダー利用時には浮き輪やエアシートなどの滑る道具が必要」と書かれており、有料でレンタルも可となっているので、逆に浮き輪は持っていった方がいいですね。

 

ただ、海キングの注意事項の中に、「会場内にテントやイス、レジャーシートの持ち込みは不可」となっておりますので、このあたりはご注意ください。

WAIWAIビーチでのこのような記載は見つけられなかったので、レジャーシートぐらいは持ち込んでいる人もいるかもしれませんが、そもそも、非常に混雑している時に大勢の人がレジャーシートを敷いておけるスペースはないと思いますので、場所取りは現実的には難しいと思います。

 

一応敷地内には無料のパラソルが置いている箇所も多数あり、そこにはイスが置いていたりもしますが、混雑している時間帯はもちろん、取り合いになると思われます。荷物で場所取りしてても、荷物をどこか別の場所に動かされてしまったという人もいましたので、日陰のいい場所をずっとレジャーシートや荷物で確保できるとは思わない方がよいです。

 

ちなみに食事については、プールにかかわらず、ハウステンボス全体的に禁止となっています。

衛生上、お弁当やお飲み物、および酒類の持ち込みはご遠慮いただいております。ウェルカムゲート(入国)近くにピクニックエリアを設けておりますので、そちらをご利用ください。
お持込が認められる場合はスタッフによりご入場をお断りさせていただくこともございます。

 

ピクニックエリアについても、場所が分かりにくかったり、イスもテーブルもなくほとんど使っている人はいない等の情報もありましたので、どうしても気になる方は直接聞いてみるのもありかと思います。

まぁ、食事については、園内レストランがたくさんありますので、11時とかちょっと早めの時間帯に利用するのが混雑回避におすすめです。

 

まとめ

今回は2018年夏、ハウステンボスプールの混雑や、持ち込みできるかどうか、穴場スポットや時間帯についてご紹介しました。

ハウステンボスのプールは、夏休み期間や土日は混雑しますが、開園すぐの午前中(11時頃まで)であれば比較的混雑がマシとの情報が多数報告されており、プールの水も午後からは少し濁ってくる状況があるようです。

 

一番混むスライダー等は朝一利用し、11時ころになって疲れて混雑してきた頃にレストランを利用したり、有料の森のプール(室内)に移動するのもアリだと思います。

 

プールへの持ち込みは、スライダー利用時に必要になるため、浮き輪やエアシートは認められていますが、少なくとも海キングエリアへのテントやイス、レジャーシートの持ち込みは不可となっておりますのでご注意ください。

 

それでは、また。















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください