トイストーリー3ラストの感動がヤバイ!号泣シーン完全ネタバレ

 

2018年3月23日「金曜ロードShow!」で

『トイストーリー3』が放送されましたね。

 

トイストーリー3は

初めて見た時、衝撃を受けた作品の1つ。

 

でもずいぶん前に見て以来だったので、

細かいストーリーは正直忘れてしまっていました。

 

しかし、

改めて見ても、

ラストのシーンで大号泣(ノД`)・゜・。

 

「もの」があふれる現代だからこそ、

持たれる「もの」側に立った目線が

胸にグッときます。

 

誰しもかつての宝物を思い浮かべ、

自分のストーリーとして感じることができる名作。

通常3作目ともなると残念な展開になることが多いですが、

トイストーリー3はむしろ前作を超えためずらしい成功例です。

 

本当にお気に入りのストーリーなので

あらすじだけでも知ってもらいたいと思い、

完全ネタバレでお伝えすることにしました。

特に、感動のラストシーンは必見です!

Sponsored Link

トイストーリー3感動のあらすじ・結末まとめ【完全ネタバレ】

※ラストまでネタバレありですので知りたくない方はご注意ください。

 

************************

トイストーリー3が描くのは

アンディ(おもちゃの持ち主の少年)と

ウッディが出会った10年後の世界。

 

アンディは大学進学のため、家を出ることに。

部屋の持ち物を仕分けしていく中で、

ウッディは大学行きの段ボール、

他のおもちゃたちは屋根裏行きのゴミ袋へ。

 

ひょんなことから屋根裏に行くはずのゴミ袋はゴミと間違われ、

危うくゴミ収集されそうになる。

が、ギリギリのところで保育園行きの段ボールを見つけ、

おもちゃ達はアンディから離れて保育園のおもちゃになることを決める。

(この時点ではアンディは自分たちを見捨てたと勘違いしていた。)

 

保育園は、一見子どもたちと一緒に遊べる

ステキな環境に見え、おもちゃ達は大はしゃぎ。

アンディの元に帰ると決めたウッディ以外は

保育園に残ることを選択。

 

しかし、

実はこの保育園はピンク色のクマのおもちゃ、ロッツォに支配されていた。

 

ロッツォはおもちゃの中に階級を作り、

新入りのおもちゃ達は、おもちゃの扱いの荒い、幼児のクラスに入れられる。

 

乱暴な扱いをされ、ボロボロになったおもちゃ達。

同じ頃にアンディが自分たちを捨てたのではなかったとわかり、

家を目指すことになる。

 

一方、1人家に向かったウッディは、帰る途中で1人の女の子に拾われる。

女の子はかつてのアンディのように、ウッディのことを気に入り、他のおもちゃと一緒に遊んでいた。

しかし、その家のおもちゃから、ロッツォが支配する保育園の実情を聞かされる。

 

ロッツォもまた、大好きな持ち主に見捨てられた過去を持ち、

性格が歪んでしまったのだった。

大切な仲間たちを保育園においておけないと思ったウッディは

再び保育園に忍び込む。

 

誤解の解けた仲間たちと一緒に

みんなでアンディの待つ家に帰ることに。

 

しかし、そこには鉄壁の監視システムが…

 

ウッディの考えた作戦とチームワークでなんとか保育園の外に出ることに成功

…とそこにはロッツォが待ち構えていた。

 

ロッツォの持ち主は、おもちゃ達をなくしただけで見捨てたわけじゃなかった。

それがわかった時、ロッツォの取り巻きのおもちゃ達がウッディの味方となり、

再び脱出に成功することができた!

 

逃げる途中でまたもやロッツォの妨害を受けて

あやうく溶かされかけたウッディ達だったが、

見事に抜け出すことに成功!

 

家に帰ったウッディ達おもちゃは

体をきれいに洗い、ウッディ以外は屋根裏用の段ボールへ。

 

部屋に入ってきたアンディが段ボールの上に貼られたあるメモに気づく。

名残惜しそうに、「やっぱり(おもちゃ)あげないとダメ?」と母親に聞くアンディ。

「あなたの好きにしていいいよ」と母。

 

アンディは迷いながらもある女の子の家へ。

それは、以前にウッディを拾った女の子の家だった。

 

女の子に、「君はおもちゃを大切にしてくれるって聞いたから」

とおもちゃを差し出すアンディ。

「僕の宝物だから、大事にするって約束してくれるかな」と。

 

女の子に1つ1つのおもちゃを誇らしげに紹介するアンディ。

その箱の中に、アンディが渡すつものなかったウッディの姿が。

ウッディを見て「私のカウボーイ」と喜ぶ女の子。

その様子を見てアンディはウッディも手放すことに決める。

 

最後はかつてのようにおもちゃ達とたっぷり遊んで去っていったアンディ。

それはおもちゃ達にとって何よりのお別れのプレゼントだった。

 

 

************************

以上がトイストーリー3のネタバレです。

ネタバレの文章はどこかのサイトから取ってきたのではなく、

映画を見た後に、頭に残っている印象で一気に書きました。

なので、セリフは一言一句一緒ではありませんし、

流れだけつかんでいただければと思います。

 

トイストーリー3、ラストの名シーンはここ!

あらすじを知ったうえで見ていただきたいシーンはやっぱりラストのアンディとおもちゃ達の別れのシーン。

本当は手放したくないけれど、屋根裏に閉じ込めておくよりも、おもちゃとして遊んでもらえる環境を選んであげたアンディ。

そのアンディが子どもの時の同じようにウッディをかついで遊ぶシーンはファンでなくても胸が熱くなります。

 

同じ表情なのに、誇らしく、幸せそうなおもちゃ達

 

もうね、なんというか、おもちゃを手放す時の

わかってはいるけど切ないアンディの表情。

女の子の前だから明るくふるまうアンディだけど、

おもちゃを愛するゆえにおもちゃを手放すところで

やっぱり号泣してしまいました。

 

「お気に入りのものを、大切に、長く使う。」

小さい頃から筋金入りの雑貨好きの私ですが、

ある時期からたとえかわいいものを見つけても

自分が大切にできる範囲以上には

ものを持たないようになりました。

 

それでも十分私の生活には、

日々を楽しく感じさせてくれるもの達であふれていますが、

この映画を見て、改めて「ものを持つ」ことの意味を考えさせられました。

 

決して子ども向けのアニメではなく、

どの年齢層にも響く名作のトイストーリー3。

 

今回はリスペクトの意味を込めて

盛大にネタバレさせていただきました。

 

2019年にはトイストーリー4が公開されるようなので

楽しみに待ちたいと思います。

それでは、また。

 

↓ Amazonなら400円で動画レンタルできます


トイ・ストーリー3(吹替版)

 

↓ 家で何度も繰り返しみたい人はDVD

 















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください