みたらし祭り2018の屋台の営業時間や駐車場は空いてる?混雑回避

 

2018年7月20日~29日、京都の世界遺産「下鴨神社」で、毎年恒例のみたらし祭り(足つけ神事)が行われます。

 

毎年土用の丑の日に合わせて、無病息災を祝うお祭りです。

 

実際に足を水につけて、身も心も清められる人気のお祭りなのですが、当日は京都の有名店の屋台が出たり、足つけ神事以外も楽しめるようになっています。

 

ただ、人気が高い分、時間帯によってはかなりの待ち時間が(^^;

 

そこで、今回はみたらし祭り2018の屋台の営業時間や駐車場の空き状況、混雑回避についてご紹介したいと思います。(2018年実際に行ってきた情報もふまえて追記しました!)

Sponsored Link

下鴨神社のみたらし祭り・足つけ神事とは?

まずは簡単にお祭りの内容をご紹介。

境内で受付を済ませてローソクを受けとり(300円ぐらい)、御手洗池に入って池の中を進みながらローソクに火を灯し、御手洗社の前の祭壇にローソクをお供えします。

お供えが終われば、池から上がってご神水をいただくことで、無病息災、安産、災厄抜除のご利益を受けるお祭りです。

 

↓ 御手洗池の入り口

↓ こんな風に火を消さないようにそーっと歩きます。が、結構消えます(笑)

 

世界遺産でもある下鴨神社の荘厳な雰囲気はもちろんのこと、この時期しか入れない御手洗池の雰囲気も非常に神秘的で、ここに入るだけでパワースポットと感じる場所になっています。年々人気が高まるのも納得です。

 

2018年の開催期間は以下のとおりです。

2018年7月20日(金)~2018年7月29日(日)

9時~21時(7月20日のみ5時半~21時)

 

実は私、このお祭りだけは、かれこれ5年ほど家族と一緒に通い続けており、夏の風物詩になっています。

(土用の丑の日のお祭りなので、そのあと京都でうなぎ食べるのもセットになってます(^-^;)

 

実際に体験してみると、池の中に素足で入っていく時に、かなり水が冷たい!

初めての時、夏なのでぬるいだろうと思いこんでたら、なかなか足を全部つけることができないぐらいの冷たさでした。ただ、不思議と一度入ってしまえば平気なんですよね。

あまりの冷たさに、だいたい皆さん一度は「冷たッ」と叫ばずにはいられない感じです(笑)

あ、それから水位は大人のひざ下が全部つかるぐらいありますので、行かれる方は短パンとか、裾を簡単に上げられるズボン、スカート等をおすすめします。

あと、足を拭くタオルもお忘れなく。

 

追記:7/21に行ってきた時は京都の気温が36℃超えという酷暑でしたが、それでも水はぬるくはなかったです。でもいつもよりはちょっと冷たさがマシだったかな。

 

屋台の営業時間や混雑状況は?

まず屋台ですが、糺の森にある一般的なお祭り系の屋台の他に、本殿に至る表参道で、期間限定の京都の名店の屋台を楽しむことができます。

 

お祭り自体は9時からしているのですが、朝一からすべての屋台が出ているわけではなく、お昼から21時までは営業しているようです。

参考までに、わが家は午前中(と言っても11時ぐらい?)に行くことが多いですが、大体その時には一番人気のみたらし団子の屋台は出ています。糺の森に出店しているお祭り系の屋台はあんまりまだ出ていなかった気がします。11時時点で10店舗ぐらいは出ていました!

 

超人気でお持ち帰りもできるし、もちろんその場でも食べられます。

私はいつも土日の昼前ぐらいに並んでいますが、30分以上待ったことはないのでまだマシなのかなと思います。

たいてい夜(特に土日)はかなり並ぶので、30分~1時間ぐらい(場合によってはそれ以上)は覚悟を(^-^;

追記:今年の待ち時間は15分ぐらいでした(*‘∀‘)

 

みたらし団子とみたらし祭りは決して偶然の一致ではなく、このみたらし祭りが名前の由来となっているようです。御手洗池の湧き水の水泡が、お団子のように見えるからとのことです。

そう言われると、みたらし団子も神聖な食べ物に思えてきますよね。

(ただでさえ、あの下鴨神社の雰囲気の中で食べるみたらし団子は神聖な感じがしますが)

 

みたらし祭り屋台の種類は?(追記)

下鴨神社の大きな鳥居をくぐって本殿までの表参道にあるのは、期間限定の京都の名店のテントになります。

先ほどのみたらし団子以外にも、気になるお店がいっぱい。

 

そこで今回、みたらし以外のお店にも行ってみました。

 

★「ぎをん為治郎」の冷やしきつねうどん 500円

京都は盆地なので、土用の丑の日あたりの日程はガチで暑いのですが、そんな気候でもよく冷えてツルっと食べれて、絶品でした。最初冷やしきつねうどんってどうなのかなぁと迷っていたんですが、大正解でしたね(*´з`)

テントの日陰でゆっくり座って食べたのですが、前に座っていた幼児さんも「おいしー」とよく食べてました♪

 

★グリーンティー 200円

ちょっとお店の名前を控え忘れてしまいましたが、京都の銘菓って感じの和菓子の横にグリーンティーが売っていました。少し甘くて、抹茶がしっかり感じられて、疲れも吹き飛びました。

 

鳥居を超えた糺の森の方には、さらにいろんな屋台が!

たこやき、かき氷などの一般的に人気の屋台はもちろんありますが、ここにも京都らしい屋台が。

 

★京野菜の屋台

★わらびもちの屋台

京都らしい、やわらかそうな手づくりわらび餅でしたよ。

 

屋台は見てるだけでも楽しいですね。

 

みたらし祭りの駐車場の空き状況は?混雑回避の時間帯はいつ?

みたらし祭りが行われる下鴨神社には約300台ぐらいの駐車場があります。

これまで、比較的混雑する土日にみたらし祭りに参加していますが、今までこのみたらし祭りの駐車場しか使ったことはありません。ただ、入るまでにやはり並びます。

前述のとおり、私がよく利用している土日の11時頃の待ち状況としては、いつも並びはするけれど15分以内(うまくいけば5分ぐらい、長くても30分以内)の印象です。

追記:今回は同じ時間帯で、まったく並びませんでした!駐車場を一方通行にしていて流れもよかったです。

 

ちなみに混んでいる時は近くのパーキングもたいていうまっているし、そもそも、遠くて数台ずつぐらいしか止められない民間のパーキングを探すよりは、下鴨神社の広いパーキングで待っていた方がいいかなぁと思います。

 

出町柳付近のパーキングまで利用する方も中にはいますが、15分以上は歩くので、なかなか大変かなぁと。

わが家は両親がそんなに歩けないので、下鴨神社の駐車場一択となっています。

 

なので、徹底して駐車場の混雑を避けたい!という方は、屋台のこととかは無視して、平日の午前がおすすめです。

んで、土日なら朝一(9時~10時)とかが空いていると思います。

 

逆に夜は平日でも結構混むという情報がありますので、少し並ぶのは覚悟で来るか、どうしても駐車場に待ちたくない方は公共の交通機関をおすすめします。

 

というか、駐車場に並ばなかったとしても、夜は足つけ神事そのものに30分~1時間の行列ができることがありますので、時間には余裕をみておいてくださいね。ただ、夜は夜で下鴨神社のライトアップの雰囲気がステキです。

 

まとめ

京都の下鴨神社で開催される「みたらし祭り」

無病息災を祈願する足つけ神事を楽しむには午前中がおすすめです。

ゆっくり参拝して、帰る頃にはみたらし団子の屋台が出ていると思うので、元祖みたらし団子を食べて帰るのもいいですね。

 

7月21日に実際に行った時の状況では2018年はいつもより混雑が少ない印象でした。

みたらし祭り自身の開催期間が少しずつ長くなっているので混雑が緩和されたのかもしれませんね。

夜はもう少し混雑するかなぁと思いますので、ご参考までに。

 

それでは、また。















コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください